10月14日より劇場公開予定の映画『恋と嘘』

テレビアニメされた原作の同名人気マンガを実写映画化。

「超・少子化対策法案」通称「ゆかり法」が施行された
近未来の日本で、政府が決めた結婚相手と、そばにいる相手、
その狭間で選択を迫られることヒロインの姿を描いています。

ヒロイン役には森川葵が演じています。

映画『恋と嘘』予告編